新蕎麦に切り替わりました

北海道産の新蕎麦をしばらく打ちます。現在は深川市産ですが、産地は順次切り替わります。新蕎麦には夏新と秋新があり、本州産の秋新はもうしばらく先です。打っていると仄かに蕎麦の香りがたちのぼり、昨年は天候不順により不作だっただけにとてもうれしくなります。どんな食材もその香りは、長短はあれ永続的ではありませんが、やはり香りは命なのでこれを大切にしたいと思います。
2017年10月02日